統計学

統計学

有意差検定でWEB広告のABテストを判定しよう(母比率の差の検定)

この記事では、WEB広告のABテストの結果を推測統計学の仮説検定を用いて判定する方法を紹介していきます。ABテストの仮説検定には、複数の検定方法がありますが、この記事では、「母比率の差の検定」を用いた方法で説明をしていきます。別の方法とし...
統計学

仮説検定とは?定量アンケート調査を題材にわかりやすく解説!(母比率の検定)

この記事では、身近なビジネスケース(認知度調査)をもとに推測統計学の「仮説検定」について解説しています。ぜひ統計学に興味はあるけれど、実際の業務にどう応用されているのかイメージを持ちたい、そもそも仮説検定について理解したい。という方におす...
統計学

区間推定とは?信頼区間95%の意味についてもわかりやすく解説

この記事では、マーケターをはじめ多くのビジネスパーソンにとって身近な「アンケート調査」を題材に、統計学の基礎である「区間推定」の概念を理解していきます。 点推定と区間推定 例えば、次のようなケースで考えてみましょう。あなたは、...
統計学

標本誤差(サンプリング誤差)とは?標本誤差早見表の見方についても解説

この記事では「標本誤差」について解説をします。標本誤差について知ることで、定量調査の設計や結果を正しく読み取ることにつながるのでぜひ理解をしていきましょう。また、標本誤差について説明をするにあたり前提として標本を使った調査の基本的な知識も...
統計学

混同行列とは?分類問題のモデル評価指標(正解率、再現率、適合率、F値)

機械学習の技術はマーケティングの世界でも活用が進んでいます。この記事では、機械学習の分類問題に関して「混同行列」を用いたモデル評価の方法を解説します。 機械学習の種類 機械学習には大きく「教師あり(分類問題/回帰問題)」と「教...
統計学

「オッズ比」を使って販促施策の優先順位をつけよう!

マーケティングなどの業務をしていると「キャンペーンや広告を複数実施したけど、結局どの施策が最も商品の購入に影響があったのかわからない」ということがあるかと思います。そんなときこの「オッズ比」という統計手法を使うと結果から施策の優先順位をつ...
統計学

サンプルサイズと検出力、有意水準、効果量の関係性のまとめ

仮説検定において重要なサンプルサイズ。必要以上に大きいと有意に差が出やすくなってしまう一方で逆に小さすぎると本来有意な差も検出されなくなってしまいます。そんな重要なサンプルサイズを決定する要素は次の3つです。 有意水準効果量検出力 ...
統計学

様々な平均を使い分けよう(相加平均、調整平均、幾何平均)

訪問者数や購入率の平均など、マーケティングなどの仕事をしていれば必ず使う「平均(平均値)」。私たちが普段使うのは「算術平均」というもので、実は、ケースによって違う算出方法で平均を求める必要があります。この記事では、様々な平均のまとめと特に...
統計学

主成分分析(PCA)とは? データをまとめて分析しよう。

主成分分析(Primary Component Analysis: PCA)とは? 何のためにあるか。要は、似ているデータ(相関があるデータ)があれば、データをまとめて、できるだけ少ない数のデータで表現してしまえばということ。データ...
python

Pythonで売上と広告流入の相関を求めよう

この記事では、プログラミング言語のPythonを使って、日別売上に対してどの広告施策からの流入(トラフィック)が最も相関が高かったのかを調べる手順をまとめています。マーケティング活動において、売上と広告トラフィックの相関を見ることは、どの...
タイトルとURLをコピーしました