「その結果、差あるの?」マーケティング事例で学ぶ仮説検定

データの標準化とは?代表例「偏差値」の求め方も解説

四分位数とは?範囲の求め方や箱ひげ図との関係についても解説

主成分分析(PCA)とは? データをまとめて分析しよう。

統計学

様々な平均を使い分けよう(相加平均、調整平均、幾何平均)

訪問者数や購入率の平均など、マーケティングなどの仕事をしていれば必ず使う「平均(平均値)」。私たちが普段使うのは「算術平均」というもので、実は、ケースによって違う算出方法で平均を求める必要があります。この記事では、様々な平均のまとめと特に...
統計学

主成分分析(PCA)とは? データをまとめて分析しよう。

主成分分析(Primary Component Analysis: PCA)とは? 何のためにあるか。要は、似ているデータ(相関があるデータ)があれば、データをまとめて、できるだけ少ない数のデータで表現してしまえばということ。データ...
マーケティング

ユーザーインサイトを発見するデプスインタビューのポイントまとめ

マーケターであれば必ず一度は経験するユーザーへのデプスインタビュー(定性調査)。この記事では、筆者の実体験をもとに効果的なデプスインタビューのポイントをまとめています。ぜひこれからデプスインタビューを計画しているマーケターや商品企画担当の...
python

【Python】決定木を使って広告トラフィックから売上を予測するモデルを作成しよう

この記事では、プログラミング言語のPythonを使って、売上を目的変数、広告施策からの流入(セッション)を説明変数にした回帰モデルの作成方法を解説しています。データサイエンスの知識をマーケティングに応用したいという方はぜひ参考にご一読くだ...
python

Pythonで売上と広告流入の相関を求めよう

この記事では、プログラミング言語のPythonを使って、日別売上に対してどの広告施策からの流入(トラフィック)が最も相関が高かったのかを調べる手順をまとめています。マーケティング活動において、売上と広告トラフィックの相関を見ることは、どの...
学び

リスキリング(リスキル)とは?リカレント教育との違いやDXとの関連性などを解説

最近、新聞等のメディアで何かと目にすることが多くなった言葉に「リスキリング(リスキル)」があります。Amazonでは、AI・人工知能により代替される仕事を担う従業員10万人に再教育を行うという発表があり話題となりました。 ...
統計学

【母比率の差の検定】TVCMを打った地域で認知率に差はあったか?

マーケターとして統計学を学び、「マーケティング実務と統計学を結びつける」をテーマに情報発信をしています。 今回は、仮説検定の1つである「(2標本における)母比率の差の検定」をテーマに具体的なマーケティングでの事例をもとに解説していき...
統計学

区間推定のまとめ(統計検定2級レベル)

区間推定でどの分布を扱うのかは初級者にとって迷いやすいポイントかと思います。私も統計検定2級を受験するにあたり最後まで不安なところでした。この記事では、統計検定2級レベルで扱う区間推定と確率分布についてまとめています。どんなビジネスケース...
統計学

「分散分析(ANOVA)」を用いて、広告クリエイティブのクリック数に差があるかを検定してみよう。

ABテストで、2つのグループの母平均を検定する(差があるかを検証する)際は、t検定を用いました。 ここでは、3つ以上のグループの母平均を検定する「分散分析」について具体的な事例をもとに解説をします。 「分散分析」は...
統計学

「その結果、差あるの?」マーケティング事例で学ぶ仮説検定(t検定、カイ二乗検定)

皆さんは、マーケティング活動の中で、「販促キャンペーンの効果があったのか?」や「ABテストの結果に差はあったのか?」といった疑問を抱いたことはありませんでしょうか? 「よくわからない」「そこまで差はなさそうだけど、Aの方が若干、数値...
タイトルとURLをコピーしました